日本再発見塾in十日町 2009 稲刈り

10/3・10/4と、
日本再発見塾in十日町の稲刈りツアーが行われました~
毎年、
留守原の棚田で米作りをされているグループの皆さんです。
「水源地」をテーマに様々な活動をされています。
今回のツアー、
最初は、美人林の散策、
そして、ブナの植樹です。

このブナの苗木は、
日本再発見塾の皆さんが、
3年前に美人林で採取した種を
キョロロで芽吹かせ、育てたもので、
まさに赤ちゃんから・・・です。
穴を掘り、
十分に水分を与えて、
丁寧に、一本ずつ植えていきます。

たくさんの苗木が植えられました~
気をつけないと踏んでしまいそうですが(^_^;)
すくすくと育つ過程を観察できるのは楽しみですね。
これからキョロロに行く際には、
必ず、様子を見たいと思います(^.^)
植樹の次は・・・
キョロロの近くの森「須山」へ向かいました。

里山の恵み案内人の会の方がガイドです。
カヤの葉で、
鉄砲遊びをする小口さん。

手に何かを持っている保坂さん。

都会では経験できない景色や遊び、
植物、動物に興味津々の皆さんです(^.^)
今回の宿泊は和泉屋をご利用いただき、
マクロビオティックのお料理を召し上がっていただきました(^.^)

お料理も、玄米もほとんど完食していただき、
過分なるお褒めの言葉をかけていただき、
ありがとうございました~
その後は、
2次会で地炉です(^.^)

地元の言葉で、
地元の習慣や食生活などを紹介しながら、
どんどん箸とお酒が進みます(^.^)
この日の「サプライズメニュー」は・・・

松之山では、
「ところ」と呼ばれている芋。
まぁ、
何というか・・・
薬ですな、いわゆる。
良薬口に苦し、ってやつです(^_^;)
でも、
効いたみたいですよ~
翌日、皆さん二日酔い知らず!!
楽しい夜はあっという間に更けていきます。
翌日はいよいよ稲刈りです(^.^)

つづく。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です