松之山温泉合同会社まんま

「まんま」って何?

松之山温泉合同会社まんま 代表の柳 一成です。

まんまのホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。

松之山温泉合同会社まんま とは、松之山温泉の旅館、飲食店、住民が共同出資して立ち上げた旅行会社です。

→→→ メンバーはこちらをご覧下さい。

このページでは、「まんま」という会社のコンセプトとその取り組みについて説明させていただきます。

ハワイなどへの海外旅行ではよく耳にする「オプショナルツアー」皆様も良くご存知の事と思います。
でも国内の観光地、温泉地ではなかなか聞く事の無い「ありそうで無い旅行形態」でした。

それは何故かって?

大手旅行エージェントに代表されるように、発地(販売地域)で全て企画から仕入を行い、手配までするといった旧態依然のお任せ旅行を、観光地や温泉地の大型旅館やホテルが手招きして受け入れていた事に起因するんです。当然の事ながらそれは、本物といえるものとは程遠く、営利優先のテーマパーク型まやかし旅行形態でしかありませんでした。
またそれを納得されて、旅行していた多くの方がいらっしゃったのも事実です。

このような形態により、本来あるべきはずの土地の魅力より都会(発地)の論理が優先になり、大切な文化や生活様式、風習がどんどん日本から失われていきました。

幸い、深い雪に閉ざされていた「松之山」にはそのような形態も入ってくる術もなく、先人たちに育まれた雪国の生活様式が色濃く残っておりました。越冬料理に代表される調理方法の工夫は、海を越え「マクロビオティック」としてアメリカで根付きました。また、自然のダムともいわれる「棚田」と「ブナ林」は下流域の生態系のバランスを整える大切な役目を今も尚果たしております。

ないものねだりしません。

都会に無いすばらしいものが「ここに」いっぱいあるんです。

そうです。

「まんま」は本来ここにあるべき物、そしてここにいる人の生活や風習、「そのまんま」を楽しんでいただきたいと考えております。
「まんま」は受け地にて着地型旅行商品(松之山を楽しむオプショナルツアー)を企画、販売する旅行会社なのです。

圧倒的な季節感を感じる事ができる「松之山」の全ての始まりは「雪」といっても過言ではないでしょう。雪は1年の締め括りのように土の上にも心の上にも深々と降り積もります。雪解けの春には山々の木々が日々緑の爆発を繰り返し、夏の暑さもまた、棚田米の甘みを助長します。秋の収穫には笑顔が溢れ、そしてまた冬が繰り返されます。

“マツノヤマソノマンマ”

「まんま」のコンセプトです。